新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

  • 新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

男性に多い性病の症状とは

性病とは、性感染症(STD)のことで、性交渉などの性的接触によって感染する病気のことです。性病とされているのは、性交渉などによって伝染することが前提となっており、性器に症状が起きても性交渉によって関しないものは性病ではありません。
西新宿にある泌尿器科専門クリニックによると、性病は男性にも女性にも起こり得る病気であり、粘膜同士が接触することで感染していくとしています。感染の仕方は性器から性器以外にも、性器から口への行為でも起こるとされています。性病が引き起こされる原因には、細菌やウイルス、原虫(真核単細胞の微生物)、その他の微生物などと様々です。
これらの原因の中でウイルスが原因とされる病気には、性器ヘルペス・HIV・B型肝炎・C型肝炎・尖圭コンジローマ・ヒトパピローマウイルスなどがあります。そのうち、HIVに感染することで発症する病気がエイズであり、またヒトパピローマウイルスが原因とされる病気が子宮頸がんと考えられています。
このように、性病は様々な原因で発症しますが、男の性病として多いものは何なのでしょうか。
西新宿の泌尿器科クリニックでは、「淋菌」や「クラミジア」の症状の患者さんが多く訪れており、これらの細菌は、男の性病の中で多い症状の原因菌の一つでもあります。淋菌やクラミジアによって引き起こされる男の性病には「尿道炎」があります。
尿道炎は、尿を排泄する役割の尿道に細菌が、感染することで発症する尿道部分の炎症のことで、尿道炎になると尿を排泄するときに強い痛みを感じたり、酷い場合には膿が出ることもあります。
西新宿の泌尿器科クリニックによると、尿道炎原因である淋菌は、「淋病」という病気も引き起こすとしています。この淋病は、尿道炎が酷くなることで膿が生じて症状が起きてきます。激しい排尿痛を伴うため、自覚しやすいため多くの男性が発症に気付く特徴があります。膿を生じるような淋病にまで進行させないためにも、男性性器にいつもと異なる違和感を感じ、男の性病の疑いが出たら、なるべく早く西新宿の泌尿器科クリニックのような専門医に受診することが大切です。
また、クラミジアは淋病よりも軽度な場合が多いですが、透明な分泌物が男性性器から出てきたり、排泄時に軽い違和感のようなものを感じたりします。クラミジアの場合は、男性が発症してもさほどの害は出ませんが、性交渉によって女性にうつしてしまう可能性が高いので、西新宿の泌尿器科クリニックなどで早期治療が必要です。
その他にも発症率の高い男の性病として「睾丸の腫れ」があります。この症状の原因も淋病やクラミジアと言われています。西新宿の泌尿器科クリニックにも、睾丸の腫れが気になるという患者さんが多く訪れており、この性病は、淋病やクラミジアに感染しているにもかかわらず、違和感を感じながらも放置していたり、診察に迷っているうちにどんどん症状が悪化してしまい、睾丸部分が大きく腫れ上がってしまうのです。この状態を「精巣上体炎」と言い、これがいわゆる睾丸の腫れのことです。
精巣は熱にとても弱い部分でもあり、炎症によって生じる熱でその機能を弱めてしまう恐れがあります。また、これが原因で他の症状が起こり、体全体に害が生じることもあるため、専門医へ行くことが大切です。
こうした男の性病には西新宿の泌尿器科クリニックのような専門医のいる医療機関がオススメです。泌尿器科のうち、内科や皮膚科にまたがる領域での、泌尿器に関連する病気を治療しているクリニックでもあるため、あらゆる病状に対して的確な処置を施してくれます。デリケートな部分でもあり、老廃物を排泄する重要な役割を果たす部分ですから、激しい痛みや膿などを生じると排泄も思うように行えなくなり、結果として体の他の部位にも大きな影響を与えかねない状態になります。そのような事態にならないためにも、早期治療が必要となります。
西新宿の泌尿器科クリニックは、新宿区のど真ん中にありながら患者さんを待たせない診療を心がけているクリニックで、年間で約11,000人が診察に訪れています。このクリニックでは、「保険診療内で性病の検査や治療を受けたい」という患者さんへの希望にも、内科や皮膚科に関連する泌尿器に関連する病気においては、保険の範囲内で治療を行っています。
これらの原因である淋病やクラミジアの治療法としては、どちらも薬物療法を用いることになります。使用する薬物は抗生物質であり、淋病の場合にはマクロライド系の抗菌薬を使用し、内服薬を約1週間ほど服用して体の内部から菌を除去していきます。使用される抗生物質は、1回の服用1週間ほど効果のあるジスロマックSRなどです。クラミジアの場合には、マクロライド系抗菌薬やニューキノロン系抗菌薬などを約1週間から2週間程度服用します。これによりほとんどが完治します。
淋病もクラミジアも、症状が治まっても体内に潜んでいる可能性があります。そのため、完治したかどうかを快方後にもう一度検査をする必要があり、このクリニックではその検査もきちんと行って完全に菌が無くなるまで治療を行ってくれるので安心です。