新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

  • 新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

排尿痛またはかゆみのような感覚がある尿道炎の症状

尿道炎を発症すると、尿道の違和感や膿が出る、足の付け根のリンパ節が腫れて痛みが出る、といった症状があります。中には全く症状が出ない場合もありますが、かゆみや排尿痛などを起こすことがあります。強い感覚の排尿痛がある場合は、淋病による尿道炎の可能性があります。 淋病性の場合、感染後3日以内に排尿時に強い痛みと、尿道から黄色い膿が出ます。この時点で治療を行えば完治するのですが、治療が遅れると慢性化して菌が尿道の奥に侵入し、前立腺炎や副睾丸円などを引き起こすことがあります。一度症状が弱まっても、治ったと思わずに泌尿器科で治療を受けた方がいいでしょう。西新宿で泌尿器科をお探しの方は、ぜひとも、新宿駅前クリニックで治療されてみてください。