新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

  • 新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

尿道炎は複数感染していることも多いのが特徴

最近の尿道炎の傾向として、淋菌性よりもクラミジアなどによる非淋菌性の方が多いと言われています。非淋菌性の場合、感染していても自覚症状がなかったり、かゆみや痛みなどの症状が軽かったりする特徴があることもあって、治療をせずにそのまま放置してしまうことも多いようです。淋菌性の場合は、激しい排尿痛を伴うこともあり、治療をする人も少なくないようです。 また、中には複数感染といって、さまざまな菌が存在してしまうケースがあります。菌が尿道から奥に侵入することで、さまざまな病気を引き起こすことがあります。男性不妊の原因にもなりかねません。症状に心当たりがあれば、早めに泌尿器科を受診することをおススメします。新宿で優秀な泌尿器科での受診を希望される場合、新宿駅前クリニックをご利用ください。