新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

  • 新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

放置しておくと周辺にどんどん広がる尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマは発症してもイボができるくらいで、痛みやかゆみがそれほどひどくないため治療もせずにそのまま放置してしまう人も少なくありません。しかし、尖圭コンジローマを放置してしまうと、イボが広がってしまいます。男性は陰茎、亀頭部、包皮などにできることがあります。 イボが広がるだけでなく、量が増えることもあります。悪性の場合は、陰茎がんなどのリスクも高まります。また、男性用避妊具を外した性交渉だけではなくイボへの接触や、患部に触れたタオルでも感染してしまうため、どんなに小さくてもイボができた段階で皮膚科に行き、早めに治療をしましょう。新宿で泌尿器科をお探しの方は、ぜひとも、新宿駅前クリニックを受診されてください。