新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

  • 新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

おそろしいクラジミア感染の弊害

性病のクラジミアは、淋病と同様に代表的な病気のひとつになっています。
大切なパートナーに病気を移さないために、自覚症状が見られたら、早めに受診しましょう。
クラジミアは、性病の中でも淋病に次いで多い病気で、細菌が原因で感染する病気です。
クラジミアは淋病に比べると症状が弱い傾向がありますが、10代から20代の年代を中心に増加傾向があり、知らないうちに感染が拡大しているなどの弊害があります。
男性は、排尿をする時に痛みを感じたり、膿が出る場合があるので、自覚症状を感じている人は、新宿区の泌尿器科のクリニックで相談して下さい。
クラジミアは、適切な治療を受けることで症状が改善されて治癒する病気です。
抗菌剤の内服薬を服用している間は、性行為を持つとパートナーに病気を移してしまうので、性行為は控えるようにして下さい。
クラミジアの病気の弊害は、知らないうちに病気が拡大することなので、定期的に検査を受ける必要があります。
大変デリケートな問題なので、通院をするのに抵抗を感じている人が少なくありませんが、新宿区の泌尿器科のクリニックは、清潔で落ち着いた雰囲気なので通院しやすい雰囲気になっています。
性病に罹っていても、恥ずかしいことはないので、勇気を出して新宿の泌尿器科で、検査や治療を受けて下さい。
性病は知らないうちに広がってしまうという弊害があるので、最近は優れた内服薬が処方されるので、ほとんどの人は治癒しています。
30代や40代の中高年以降の年代の人も、異性との性行為を持たれている人が多いので、以前に比べると性病に罹る人が増えているので、クラジミアの弊害が気になっている人が増えています。
現代は、細菌に対する耐性のある性病に悩んでいる人が増えており、従来の抗菌剤ではなかなか、効果が実感できないケースもあります。
新宿区の泌尿器科では、従来の抗菌剤ではなかなか改善できない症例の場合は、優れた抗菌剤も揃っているので、処方してもらえます。
新宿区の泌尿器科のクリニックでは、病気を予防するためのアドバイスや再発を防ぐための生活習慣の改善法も指導してくれるので、幅広い年代の人が通院をしています。 若い年代の人だけでなく、中高年の年代の人も以前に比べると、性に関してオープンな考え方を持っている人が増えていますが、複数の異性と性行為を持つのは控えたほうが良いでしょう。
新宿区の泌尿器科のクリニックは、通院がしやすい便利な立地にありますし、信頼できる医師が在籍をしているので、性病の弊害や怖さについてきちんと説明をしてくれます。
クラジミアなどの性病は、女性に移してしまうと不妊の原因になってしまう場合があるため、大変深刻な問題になっています。
将来結婚をして、赤ちゃんを授かりたいという人がほとんどなので、性病に罹らないように自分の体を守る必要があります。
男性は、責任を持って病気に関する知識を身に付けておくようにしましょう。
クラジミアは、異性との性的接触が感染経路になっており、オーラルセックスなどで喉に感染してしまう場合があります。
クラジミアは細菌が粘膜に感染することで、発症するため、男性の場合は尿道から透明な膿が出たり、痛みを伴う場合があります。
睾丸の周辺に炎症を起こしてしまい、副睾丸炎などの症状が見られる場合があるので、病気が疑われる場合は新宿区の泌尿器科のクリニックに通院をすると、診察や検査が受けられます。
排尿を一時間ぐらい控えるようにしてから、尿を採取したり、視診による検査で診断が付くことがほとんどです。
クラジミアは淋病に比べると、症状が弱い傾向があるので、感染に気付いていない人が多いですが、病気が疑われる時は早めに新宿区の泌尿器科を受診する必要があります。
2週間から3週間ぐらいの潜伏期間を得てから、発症することが多く、倦怠感や発熱などが見られる場合があります。
新宿区の泌尿器科では、尿検査や診察も保険適用が受けられるので、3千円前後になっています。
治療は主に抗菌剤を使いますが、一週間で千円程度なので、経済的な負担は少なくなっています。
抗菌剤を服用すると、症状が少しずつ改善されてきますが、途中で薬を中断するのは避けるようにして、医師が処方した分は飲みきるようにして下さい。
男性は症状が改善すると、異性と性行為を持ちたがる人が多い傾向がありますが、検査で陰性が出るまでは性的接触は避けるようにして下さい。
パートナーの女性も感染している可能性があるので、二人で新宿の泌尿器科のクリニックを受診することをお勧めしたいです。
女性の場合も、男性と同様に淋病に比べると症状が軽いため、感染に気付いておらず、不妊の原因になってしまう場合があります。
病気の治療中は、異性との性行為は避けるようにして、充分な休息や睡眠を取るようにして下さい。
10代や20代の若い男性は、以前に比べると性に関してオープンになっているため、複数の異性と関係を持っている人が少なくありません。
性病から大切な体を守るためには、複数の異性との性行為は避けるようにしたり、コンドームを必ず装着することも大事です。