新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

  • 新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

性病が原因で起こる残尿感の原因

排尿後に「何だかまだ残尿感が残るなぁ。」などと感じたことがある方は意外と多いのではないでしょうか。残尿感が残るとそれが気になり何度もトイレに行くことになり、通勤時や通学時、また仕事などにも支障をきたすこととなり、快適に日常生活を送れなくなることがあります。
新宿区にある泌尿器科クリニックによると、残尿感が残る原因にはいくつか要因が隠されているとしており、その原因の中には「男性の性病」が関係している場合があるとしています。そこで、今回は日常生活にも支障をきたす可能性の高い「残尿感」について、そのように性病と関係しているのか、また性病から引き起こされる残尿感の原因などを、新宿区の泌尿器クリニックの説明をもとに見ていくと共に、その対処方法なども詳しく紹介していきたいと思います。
排尿時の残尿感の主な原因は「膀胱炎」が引き起こしていると、新宿区の泌尿器科の医師は指摘しています。膀胱炎とは、尿を我慢することで引き起こすことが多い病気の一つですが、性交渉やオーラスセックスなどの性行為からも引き起こされることがある性病の一つでもあり、男性よりも女性に多く発症することが分かっています。
膀胱炎は、細菌が尿道の粘膜に付着することで感染し、その細菌が徐々に膀胱へ侵入してくることで引き起こされる性病で、膀胱が細菌によって炎症を起こすことで様々な症状をもたらします。元々、膀胱の中には細菌が少なからず存在しており、それらが他の細菌が侵入した場合に対抗するため感染を阻止していますが、体調が崩れたり疲労が溜まったりなどで抵抗力が低下すると、膀胱内の細菌たちも抵抗力が弱まり、病原菌などに対抗することができず病気にかかってしまうのです。膀胱炎を引き起こす細菌には、ブドウ球菌や大腸菌、セラチア菌、プロテウス、肺炎桿菌、腸球菌など様々あり、特に尿を我慢することで引き起こる膀胱炎は大腸菌が原因であることが多いと、新宿区の泌尿器科の医師は言います。
また性行為が原因と考えられる場合には、淋菌・クラミジア・大腸菌・緑膿菌・腸球菌とその種類も非常に多く、特にクラミジアによる感染が多いとされており、次いで淋菌となっています。これらの細菌は、膀胱炎の他に男性に多い病気が「尿道炎」や「クラミジア」、「淋病」などです。
これらの男性の性病は、排尿時に痛みやかゆみを伴ったり、透明な膿が出たり、血尿を伴うなどの自覚症状が起こると、新宿区の泌尿器科の医師は説明しており、どの病気も自覚症状があるにもかかわらず医療機関を受診しないでいると、更に症状が悪化して他の病気を併発する可能性があると指摘しています。
性病が引き起こす他の病気には、クラミジアの場合は最初に精巣上体炎や尿道炎を引き起こします。この病気は自覚症状が伴わない場合もあり、無自覚のまま更に進行を続け「前立腺炎」や「肝炎」・「腎炎」にまで至るケースもあります。
淋病の場合には、精巣上体炎を引き起こし陰嚢部が腫れて歩行が困難なほどの痛みを生じるようになります。また、オーラスセックスで口腔内に感染が見られると「咽頭炎」を引き起こすことがあり、この場合には症状が風邪と似ているため診断が難しい場合もあります。淋病患者の中にはクラミジアとの感染合併を引き起こすケースもあり、更に症状が悪化する危険性もあると、新宿区の泌尿器科の医師も指摘しています。
新宿の泌尿器科クリニックによると、こうした性病にかかりやすい男性の年代は20代から30代であるとしており、その理由としては特定のパートナー以外に、風俗店などでの不特定多数のパートナーとの性行為を持つ機会が多いことがあるとしています。
膀胱炎やそれを引き起こす要因にもなる様々な性病は、性交渉の他にオーラスセックスによって口からも感染が認められており、こうした行為を感染者と行うことで自らも感染してしまうためとしています。
近年、こうした病原菌の中には耐性が向上している菌も存在していると、新宿区のクリニックの医師も伝えており、治療にはその都度効果が期待できる抗生物質を模索しながら処方していくようになるため、治療も通常より長引く可能性が高いとしています。
また、感染患者の中には、処方された抗生物質によって症状が改善してきたことで完治したと勘違いして途中で服用をやめてしまう人もいると新宿区のクリニックの医師は言います。抗生物質は病原菌を殺すために飲む薬であり、服用してから1日から3日ほどすると改善効果が見られることが多いです。しかし、完全に消滅させるには、体内に潜んでいる菌を全て殺さなければならないため、最後まで飲みきることが必須となっています。抗生物質の中には、眠気や倦怠感などの副作用を引き起こすものもあるため、日常生活に支障をきたす可能性がある場合には、医師との相談によって眠気を引き起こさない抗生物質を処方できることも可能です。
このように、排尿時に残尿感を感じた場合には膀胱炎の可能性があり、その要因には性行為からの病気が関係していることもあるのです。また、性病には様々な病原菌が関係しており放置することで、更に恐ろしい病気を引き起こすことにもつながりかねないため、感染しないよう心掛けると共に、もし自覚症状が現れた場合には恥ずかしがらずに早期治療を受けることをおすすめします。