新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

  • 新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

クラジミアの血液検査と抗原検査

新宿の泌尿器科などに男性が治療に訪れる理由として増えてきているのが性病です。現代の性病として最も多いのはクラジミア、次いで淋病となっています。特にクラジミアは早く治療をすることで完治するまでの時間も短くてすみますので、おかしいなと感じたらすぐに検査を受けるために新宿などにあるクリニックの泌尿器科を受診するのが良いです。新宿などの泌尿器科があるクリニックで行なわれる検査には血液による抗体検査と尿などから調べることができる抗原検査があります。それぞれ男性と女性が検査する場合では違うので、風俗などを利用することが多い男性は特に積極的に血液や尿による検査を受けておくようにすると良いです。新宿などのクリニックの泌尿器科で定期的に調べておくことで安心してパートナーとの性行為も楽しむことができるのです。また結婚する方もブライダルチェックをしておくと子作りする上では安心です。
新宿などの泌尿器科があるクリニックで性病の検査をする時に血液で調べると今までクラジミアになったことがあるかや現在クラジミアにかかっているとして人に感染させてしまう確率はどれくらいあるレベルなのかなどがわかります。細菌やウイルスが体内に入ると抗体ができますが、血液の中のタンパク質を調べることでこの抗体があるかどうかがわかります。2種類の抗体をチェックしますが、これによって結果が感染初期、感染している、過去に感染していた、感染していないのどれかが出ます。感染初期であれば感染してから1週間ほどしかたっていない状態、感染しているは感染から数週間たっていて他人へうつしてしまう可能性が非常に高い状態です。そして過去に感染していたは過去に感染していたけれど現在は感染していない状態、感染していないは問題がない状態です。クラジミアの抗体の一つの特徴として感染後数年間残ってしまうというのがあるのです。しかし血液で調べることには少し欠点もあります。それは例えば性病であるクラジミアに感染した過去がある人は現在それが完治していたとしても結果として陽性反応が出てしまうということです。ですから同じ性病についてチェックするのであれば血液で調べるだけではなく、尿で調べる抗原タイプの検査を行なう必要があります。しかし逆に血液で調べるメリットもあります。血液で調べるので尿道だけではなく咽喉にも感染していればわかるという点です。抗原で調べる場合は喉は喉で粘膜を採取、尿道は尿を採取しなければいけないため、両方の結果を一度に知ることができるというのがメリットになります。
新宿のクリニックなど現在泌尿器科で性病についてチェックが行なわれるのは抗原タイプが多いです。男性と女性では調べるやり方にも多少違いがありますが、男性の場合は尿を採取して調べます。朝起きた直後か2、3時間ほどトイレを我慢した後で出す尿を採取し、それに含まれているクラジミアを調べるというものです。この尿で調べるという方法が考えられる前は綿棒を尿道に深さ数センチほど入れて検体を採取していましたからずいぶんと進歩したといえます。喉の場合は喉の奥つまり扁桃腺の辺りの粘膜を綿棒で採取し、チェックします。最近の新しい方法ではうがいをした液体を調べることで感染しているかを調べられる方法もあります。調べる場合にどれくらい費用がかかってしまうのか気になる所ですが、新宿のクリニックの場合は保険適用もされますし、費用がどれくらい必要となるのかを明確に提示しているので安心して受けることができます。新宿で働いている方や付近に住んでいる方には通いやすいでしょう。必要となる費用は診察料や感染しているか調べるための費用、そして感染していれば治療をするために薬代が必要となります。クラジミアは感染していた場合、ほとんどの方が抗生物質の服用をしながら治していきます。まずは1週間ほど抗生物質を飲み、これで症状が全く出ないようであれば薬の服用はなくなりますが、もしまだ症状を感じる状態であればあと1週間追加で薬を飲み続けることになります。最近のクラジミアには薬に対して耐性菌を持っているものがいるからで、そういう場合にはなかなか治療が進まないこともあります。そのため、場合によっては抗生物質の服用ではなく点滴をすることもあります。どちらになるかは医師の判断によります。完全に症状を感じなくなった時にもそれで終わりではありません。もし体内にまでクラジミアが残ってしまっていた場合、しばらくしてからまた症状が出てくる可能性が高いです。そのため、完全にクラジミアを退治できたかどうか再びチェックする必要があるのです。2度目にチェックを行なうのは治療薬を飲むのが終わってから約2週間後くらいです。クラジミアは薬を飲み始めると症状が出なくなりますので治ったと思い込んで勝手に服用をやめてしまう人もいますが、完全に治りきっていない場合もありますから勝手に服用をやめることは絶対にしないでおきましょう。