新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

  • 新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

淋病の性行為による感染率

男性は風俗を利用する人も多く、また浮気をしてしまった場合その相手から性病をうつされてしまうケースも少なくありません。なんと性病に感染する原因の70%は浮気相手からうつされたものなのです。性病にかかってしまったのかもと心配になった時には西新宿のクリニックなど泌尿器科で診てもらうのが良いでしょう。性病の検査自体は無料で保健所でもできます。しかも匿名でしてもらうことができますが、結果を聞くのは面談でですから顔を見られることになりますし、基本的に血液検査なので細かな結果を知ることはできません。また陽性反応が出てしまえばやはり西新宿など泌尿器科へ走ることになります。男性に限らず性病で現代社会に多いのは一番がクラミジア、そして二番目に多いのが淋病です。しっかりと治療をして完治させないと淋病はとてもやっかいなのです。
同じ淋病に感染するといっても男性と女性ではその感染率に違いがあります。結果を先に言ってしまえば男性のほうがはるかに感染率は高いのです。その感染率は男性が35%、女性が10%ほどとなっています。淋病は性行為によって感染しますが、1年間での全体の感染者数は約1万人、そしてそのうち7割が男性であるという結果が厚生労働省によって明らかにされています。となると、やはり西新宿にあるクリニックなど泌尿器科に性病について受診するのも女性よりは男性のほうが多めになります。また男性は表に症状が出やすいので発見しやすいのですが、女性の場合は症状を自覚する人が少なめのため、淋菌を保持しているキャリアが多く存在しているのではないかということも推測されています。また男性は風俗などの利用者もいますからその分感染率が高くなっている結果が出ているのもあるでしょう。性行為をする時にもコンドームをきちんとしている場合としていない場合ではやはり感染率にも違いが出てきます。性行為にもいろいろあり、実際に挿入まで至らなくともオーラルセックスによって喉に感染する可能性がありますし、菌の保持者とアナルセックスをした場合には肛門にも感染してしまいます。不特定多数と性行為をしている人は一般の人よりも感染する確率は高くなりますし、西新宿などのクリニックで泌尿器科を受診しなければいけなくなる機会も増えてしまいます。
性行為によって感染する淋病は一時的な病気なので完治してしまえばそれほど大きな問題になることもありません。しかし放置しておくと後々大変なことにまでつながってしまう場合があります。男性の症状としては2日から7日ほど体内で潜伏期間があり、尿道にかゆみや発熱するようになります。そこから進行すると尿を出す時に激しい痛みを感じると共に黄白色の膿や粘液が大量にでてくるようになります。そして排尿してから30分もするとまた膿が出てきてペニスが腫れてしまいます。この時点できちんと西新宿のクリニックなどの泌尿器科で治療をしておかなければさらに進行してしまい、尿道炎だけではなく精巣上体炎になってしまいます。こうなると無精子症になってしまう可能性もでてきて、子供が欲しくても不妊となってしまいます。これが肛門が感染源となっている場合には肛門からも膿が出てきます。性行為による感染なのですから挿入していなくてもオーラルセックスでも感染します。喉に感染するとなかなか治りにくいですし、手についている菌やそれで触ってしまった顔なども感染してしまいます。例えば目をこすってしまって結膜炎を引き起こしてしまうこともあります。血液にまで入り込んだ場合には全身にまわってしまうので、心膜炎や心内膜炎、髄膜炎、関節炎など重症な症状にまで発展してしまうのです。しかも淋病は1回の性行為での感染率はなんと30%と高く、クラミジアと合併していることも多いです。その場合は同時に治療をしなければいけません。もちろん自分だけではなくパートナーにも知らせて一緒に治療をしなければ意味がありません。西新宿のクリニックでは予約が必要なく、待ち時間もほとんどないので忙しい方でも行きやすいです。また結婚前のカップルであれば西新宿のクリニックではブライダルチェックでいくつかの性病を一度に検査することもできるので子供が欲しいと考えているのであれば不妊となる可能性を少しでも少なくするために検査を受けておくのもおすすめです。西新宿のクリニックもそうですが、泌尿器科で治療を受けた場合は検査後に治療、薬の服用が終わってから2週間ほどあけて再検査をして完治したか調べるという方法で行なうので菌が体内に残ってしまうという可能性も低くなり、安心です。結婚する予定が今のところないという方でも感染源となってしまうのも避けたいところですから、定期的に性病の検査をしておくのが良いでしょう。それは自分の身を守ることにもなりますし、パートナーや周囲の人々を守ることにもつながります。