新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

  • 新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

膀胱炎の初期症状

大事な会議中であったり、映画の最中、または運転中などでどうしてもトイレに行くことができない状態が続き、おしっこを我慢したことがあるという方はかなり多いのではないでしょうか。こうした状況が頻繁に起きていると、「膀胱炎」になる可能性があると、新宿区にある泌尿器科クリニックの医師は言います。また膀胱炎は男性・女性に限らず起こり得るものであり、その他にも様々な要因があるとしています。そこで、今回は「膀胱炎」の特徴とその原因、また膀胱炎の初期症状などについて、新宿区の泌尿器科の説明と共に紹介していきいたいと思います。これを参考にしておくと、膀胱炎を未然に防ぐことも可能となるでしょう。
新宿区の泌尿器科クリニックによると、「膀胱炎」は大腸菌などの細菌に感染することで起こる病気であり、この大腸菌が尿道から侵入して膀胱で増殖することで発症します。「膀胱炎」と言うと、男性がかかりやすい病気のように感じている方も多いと思いますが、実はこの病気は男性よりも女性の方が発症率が高いとされています。その理由としては、女性の尿道は男性の尿道と比べて短いため、細菌が侵入しやすく不潔になりやすいからです。尿道の長さは男性が約16cm~20cmあり、尿道自体も細いのが特徴です。一方女性の場合は約3cm~4cmと男性に比べて約5分の1程度しかなく、尿道自体が太くなっています。このため、細菌が侵入して膀胱に到達しやすいので、その分炎症が起きやすいのです。実際に、膀胱炎の症状で新宿区の泌尿器科を訪れる患者さんの多くは女性であると言います。
細菌が侵入する原因の一つは長時間のトイレ我慢がありますが、その他にもいくつかの原因があると新宿区の泌尿器科の医師も言っています。その原因には、風邪や過労からくる免疫力・抵抗力の低下、性行為、ストレスなどがあります。この中で、性行為によって膀胱炎を発症した場合には、性病にも注意する必要があります。
性病は、性行為などによって様々な最近に感染することで発症する病気で、その症状や発症箇所は細菌によって異なってきます。新宿区の泌尿器科クリニックによると、いくつかある性病の中で膀胱炎と関連があるものには「尿道炎」があるとしています。
尿道炎とは、性交渉やオーラルセックスによって、様々な細菌などが尿道に感染することで引き起こされる性病の一つです。病原菌にはいくつかの種類があり、その病原菌が尿道の粘膜に付着することで感染します。病原菌の種類には、クラミジア・淋菌・大腸菌・緑膿菌・腸球菌などがあり、病原菌の種類により現れる症状にも違いがあります これらの病原菌が尿道から膀胱へと侵入してくることで、膀胱炎との合併症を引き起こす場合もあるため、少しでも日常と違う初期状態に気が付いたら、新宿区の泌尿器科などの専門クリニックを受診することをおすすめします。
膀胱炎の原因が分かったところで、それを判断する初期症状にはどのような現象が起こるのでしょうか。
新宿のクリニックによると、女性に多いとされる急性膀胱炎には、「残尿感」・「ムズムズ感」・「下腹部の痛み」などがあると言います。特に初期段階に現れやすい現象には、「トイレが近くなる」・「尿意があるが排尿時には小少量しか出ない」・「排尿時にムズムズ感がある」・「残尿感が残る」といった現象が現れるとしています。こうした現象が起こり始めたら、膀胱炎の初期段階の可能性が高いので注意しましょう。
「大したことない」などと、そのまま放っておく細菌がさらに増殖していき悪化する危険性があると、新宿のクリニックの医師も言っています。膀胱炎が悪化すると、発熱や血尿・下腹部の激しい痛み・むくみなどが現れてきます。熱はさほど高くまでは上がりませんが、排尿時に激しい痛みを伴うことになり、下腹部の激しい痛みで座ることもままならなくなり、仕事に支障をきたす可能性も出てきます。
これは尿道炎や淋病などの性病を発症することもあるためで、これらの病気を放っておくと細菌がどんどんと体内へと侵入していき、更に病気を併発する危険性があるのです。
新宿区の泌尿器科クリニックでは、膀胱炎や性病に特化した診療を行っており、より迅速で的確な治療方法で患者さんの苦痛を排除してくれます。泌尿器の治療はデリケートな部分の治療でもあるため、患者さんはなるべくスピーディーな診療を希望する方が多くいます。特に女性や中高生は診療に訪れるのにも抵抗を感じる人もいます。そのため、「待たせない診療」に心掛けると共に、待合室で他の人に疾患名や診療内容が漏れることはありません。予約不要なため、いつでも受診できるのも評判となっている一つです。
このクリニックでは膀胱炎と診断された場合には、抗生物質による治療が施されrます。細菌が完全に消滅するまで約5日間ほど内服薬を服用していきます。少し改善したからといって、途中で抗生物質を飲むのを止めてしまうと再発する可能性があるとして、このクリニックでは最後まできちんと抗生物質を飲み続けることを推奨しています。そして、必要に応じて治療を施していきます。
膀胱炎の初期段階を知っておくことで、その他の性病や大きな病気を未然に防ぐことにもなり、異変に気が付いたらすぐに医療機関を訪れることもできるようになります。