新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

  • 新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

新宿駅前クリニックの泌尿器科コラム

亀頭包皮炎の潜伏期間は1~7日程度

亀頭から包皮の部分に起こる炎症である亀頭包皮炎は、子供に多い疾患ですが大人でも起こす人が少なくありません。原因は主に細菌とカンジダと言われています。特に大人の場合はカンジダが原因となることがほとんどです。潜伏期間は感染した菌にもよりますが、1~7日です。菌が増えやすい状態であれば、数時間で症状が出ることもあります。
カンジダによる亀頭包皮炎は、カンジダ膣炎を患っている女性から感染することがあります。性行為のあとなど、長い間洗わずにそのままにしておくと、感染しやすくなるので注意しましょう。ただし、カンジダは皮膚や腸などどこにでもいる菌です。そのため、何が原因か不明な場合もあります。
症状が出た場合は、泌尿器科に行ってきちんと治すことが大事です。再発してしまうことも少なくないからです。新宿区で泌尿器科はたくさんありますが、中でも新宿駅前クリニックのご利用がお勧めです。