新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

男性のフォアダイス

  • 男性のフォアダイス

フォアダイスというのは本来いるべきところに居ないという意味で、本来であれば毛の根元にあるはずの皮脂腺が毛穴とは別の部分に現れる症状で、健康な生活を歩む上では全く問題になりません。陰茎にブツブツとした物ができてしまうので、どうしても尖形コンジローマと誤診しやすく、多くの方が誤解をしてしまうかもしれません。

フォアダイスの治療の必要の有無

男性のフォアダイス

フォアダイスは放置していても全く問題にならない症状で、ブツブツとした物が亀頭や陰茎の表面に皮脂腺が現れるのが特徴です。他の性病と誤解を生みやすいのですが、フォアダイスは美容上の問題しかありません。このため、むやみに治療を検討する必要はありません。

美容上の不安や外観の改善への強い希望がある場合にはレーザーを使って焼却手術を行うこともできるので、医師に相談すると治療を受けることができます。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

フォアダイスを投薬によって治療することは難しく、多くの場合レーザーで外科的に切除する以外に治療を行うことができません。また、フォアダイスと思っていたにもかかわらず尖形コンジローマだった場合には薬を使用して治療しなくてはならず、放置してしまうと症状を悪化させてしまいます。フォアダイスなのか尖形コンジローマなのか不安に思う場合には医師に診断を仰ぐのが適切かもしれません。外陰部の不安はなかなか人には相談できず、どのように判断したらいいのか悩む方もたくさんいるかと思います。経験豊富な医師であれば適切な診断により適切なアドバイスを提供することができます。独力で不安な思いを抱え込まず、必ず医師に相談するように心がけてください。