新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

男性の性器カンジダ

  • 男性の性器カンジダ

カンジダ感染症は膣カンジダが有名ですが実はカンジダ菌の感染症は膣以外にも広く知られています。口腔粘膜に感染する口腔カンジダ感染症や食道粘膜へのカンジダ菌の感染など様々な場所に感染する例があり、男性の生殖器のカンジダ感染もよく知られた疾患の一つです。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

カンジダ

カンジダはカンジダ・アルビカンスという真菌が感染して起こる感染症で、亀頭の周囲や包皮の周りにカンジダ菌が感染することで起こります。カンジダに感染した後には非常に強いかゆみが起こるだけでなく、白い膜状の汚れがたまってしまい、非常に不衛生な環境が出来上がってしまいます。カンジダに感染してしまうと独力で治療を行うことが難しく、独力で治療を行おうとしても完全に治療することができません。炎症が悪化してしまうと水ぶくれができたり、排尿時に痛みを伴う尿道炎の原因にもなるので、早期に発見し、早期に治療にこぎつけることが重要だと言われています。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

市販薬をつかってカンジダ感染症を治療することはできません。カンジダ菌に感染すると、長らく炎症を抱えることになってしまうので、必ず早期の治療をするように心がける必要があります。性器の治療を受けるというのは非常に気後れしてしまうものですが、放置を続けていても症状が悪化してしまうだけです。専門的な知識を持った医師の診断を受け、適切な薬の使用を続けることでカンジダ感染症は治療ができます。性器カンジダ感染でお困りの場合には是非一度医師にご相談ください。