新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

亀頭包皮炎

  • 亀頭包皮炎

亀頭包皮炎症は男性であれば一度は経験する疾患です。陰茎の先端部の亀頭は包皮で包まれており、様々な細菌が繁殖しやすい環境になっています。このため、微生物が繁殖を起こし包皮に炎症を起こしてしまうことがあるのです。このような亀頭包皮炎は特に性交渉を持った後に発症しやすく、生まれつき乾燥肌の方やアトピー性皮膚炎をお持ちの方は特に注意が必要です。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

亀頭包皮炎

亀頭包皮炎の原因となる細菌は、体のどこにでもいる細菌で、これらの細菌が亀頭と包皮の間で繁殖を起こすことで亀頭包皮炎が発症します。亀頭包皮炎は特に仮性包茎の方と真性包茎の方で起こりやすく、早期の治療により症状を緩和させることができます。亀頭包皮炎は細菌だけが原因ではなく、カンジダ膣炎の原因となるカンジダ真菌が原因で発症することもあります。どのような原因で発症しているのかは症状を元に診断しなければなりません。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

亀頭包皮炎の原因となるのが細菌なのか真菌なのかによって薬を使い分ける必要があり、真菌が原因の場合ではまず治療薬が市販されていません。このため、治療を考える際には必ず病院で診察を受ける必要があります。亀頭包皮炎の治療では薬の選び方も非常に大切で、刺激が少ない薬を使って治療を行わなければかえって痛みやかゆみを引き起こす原因になってしまうので薬をどのように選ぶのかしっかりと考えなくてはなりません。このため、不適切な薬を選ぶと帰って症状が悪化してしまうことがあります。自己判断で薬を使用せず、必ず医師の判断を仰ぐようにしましょう。