新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

男性のクラミジア

  • 男性のクラミジア

性感染症のなかでもクラミジアは非常に注意が必要な疾患です。クラミジア感染症は男性の場合では自覚症状が強く、比較的初期の段階で症状に気がつくことが大半です。しかし、女性の場合には自覚症状に乏しいことが多いので、男性が無防備な性交渉を通じて感染してしまうことがあります。クラミジアを相手の女性に感染させてしまうと不妊症などのトラブルの原因になるので、しっかりと治療をしましょう。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

クラミジア

クラミジア感染症の症状は尿道炎と精巣上体炎です。男性では排尿時に違和感を感じたり痛みを感じることが多く、性器の周囲にかゆみを伴うこともあります。他の疾患に比べて自覚症状に乏しいことが多いので、最近では16〜25歳の男女の5〜6%の方が感染していると言われています。クラミジア感染症で注意したいのはセックスパートナーにも同じように治療が必要になるということです。女性が感染している場合には特に注意が必要で、女性の自覚症状が乏しいことに注意しなくてはなりません。放置してしまうと不妊症の原因となるので早期の治療を心がけましょう。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

クラミジアを治療する市販薬はまだ販売されていません。クラミジアを治すにはクラミジア菌を殺すマクロライド系という種類の抗菌薬やニューキノロン系の抗菌薬を使う必要があります。薬の選び方もとても重要なポイントで、しっかりと症状や検査をしてから適切な治療薬を選ぶには医師の正しい診断が不可欠です。自分のためにも、また、自分のパートナーのためにもクラミジアでお困りの場合には是非一度病院で治療を受けましょう。