新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

男性の淋病

  • 男性の淋病

淋病というのは淋菌が感染して起こる性感染症で、尿道の炎症や精巣の炎症などの非常に厄介な炎症を引き起こします。淋菌に感染すると尿道から膿が出てくるので非常に症状がわかりやすく、誰でも病気の感染に気がつくことができる疾患です。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

男性の淋病

淋菌が感染すると激しい排尿時の痛み、尿道からうみが排出される、陰部周辺のかゆみ、発熱や痛みなどの症状が現れてきます。尿道から分泌されるうみは量が多く、やや白っぽい色をしているのが特徴で、治療せずに放置していると前立腺の炎症や精巣の破壊などのトラブルを引き起こすことが知られています。このような症状は非常に深刻で、精巣が破壊されてしまうと男性不妊の原因になるので、夫婦間での感染には注意しましょう。

淋菌の感染経路は性行為だけではありません。オーラルセックスにより喉に感染することも知られているので、生殖器に加えて喉の腫れや発熱などが現れた時にも淋病を疑う必要があります。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

淋病を市販薬で治療するのは非常に難しく、独力で治療を行うのは避けるようにしましょう。男女ともに感染した場合には病院で適切な診察を受け、検査・診断のもとに投薬治療を行う必要があります。淋菌を殺す薬は医師の処方と指導のもとに使わなければ完全に淋菌の治癒を望む事ができません。生殖器の感染症はなかなか人に相談しづらく、不安感を抱えながら症状を悪化させてしまう事があります。重症化してから治療を行うのはとても大変なもので、多くの患者さんにとって不利益になってしまいます。淋菌に感染した場合には必ず医師に相談し、適切な治療を受けるように心がけましょう。