新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

尿道からの膿

  • 尿道からの膿

尿道から膿が出てくるのは多くの男性にとって非常に不安な症状だと思います。膿が出てきた場合には性病などの検査を行い、どのような病気に感染しているかしっかりと判断する必要があります。このため、尿道からの排膿が見られた場合には適切な検査と治療が必要になるのです。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

ステロイド

尿道から膿が出てくるということはなんらかの細菌に感染している事を示唆します。細菌の感染症は非常に種類が多く、尿の中に膿が混ざったり、何もしていなくても尿道からうみが出てくる場合には早めに治療を受ける必要があります。膿が出てくる感染症の大半が性感染症で、以下の様な感染症が知られています。

・ 淋病
・ 梅毒
・ トリコモナス感染症

これらの性感染症は性行為を主な感染経路としているので、自分以外にもパートナーの治療も必要な疾患です。放置しておくと男女ともに不妊症の原因となるので、早期に治療を行う事が重要です。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

尿道から膿が出ている時には市販薬で治療を行う事ができません。膿が出ている時には医師の診断と処方により手に入る薬を使った治療でしか治療を行う事ができません。薬の選択には専門的な知識が必要で、病気の原因となっている細菌の種類や感染している場所に合わせて薬を選ぶ事が必要です。腎臓や肝臓の状態によっては薬が使えない事もあるので、独断で薬を使用する事は避けなくてはなりません。

尿道から膿が出てくるのは非常に不安なものですが、適切に治療を施す事で辛い症状から脱出できます。早期治療・早期回復のためにも是非一度医師の診察を受ける様に心がけましょう。