新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

淋病の治療

  • 淋病の治療

淋病の治療

男性の淋病

淋菌は他の疾患に比べて、比較的症状が出づらい特徴があります。
女性の感染では自覚症状が全くないケースもありますが、男性では女性よりも自覚症状がみられやすいのが一般的です。

男性の淋菌の症状といえば何かできものが生じるとかではなく、軽症であれば尿道炎という形で現れますが、治療の根本は病原体の抹消です。
そのためには抗生物質の投与が有効です。

抗生物質はアジスロマイシン系やスペクチノマイシン系、ミノサイクリン系などを用いることが多いのですが、投与法には経口内服薬、点滴法に分かれます。
淋菌の感染は尿道のみとは限らず、最近ではオーラルセックスによって咽頭粘膜にも感染するようになってきました。
抗生剤の中でも咽頭淋菌には効果がないものもあるため、両方に感染が見られる場合はセフトリアキソンを使用するのが一般的な選択です。

最近では治療の多くに抗生物質を用いるようになったため、菌の存在にも変化がみられるようになりました。
耐性菌と言って菌自体が抗生物質の力や特徴を習得することで、死滅しないようなプログラムで増殖されるように進化しています。
そのため効果があった抗生物質も耐性菌であれば効果がなくなるといった現象があらわれ、内服での治療は点滴においても単回投与形式が推進されています。

抗生物質は新宿に限らず、一般の薬局では販売されていませんので、「淋菌に感染したのでは?」とご心配のある方や、何か局所的な症状を自覚される方は必ず泌尿器科を受診するようにしましょう。

淋菌の治療はパートナーとともに

淋菌に感染すると菌は仲間を増やしていこうとするため人の粘膜で増殖していきます。
男性では尿道からさらに上へ上へと向かって、精巣にまでたどり着くと精巣上体炎を引き起こし不妊症にもつながることにもなります。
さらには血液内に侵入することで全身に広がり、稀ではありますが「播種性淋菌感染症(はしゅせいりんきんかんせんしょう)」にまでなったというケースもあります。

女性では骨盤内に上行したり、妊娠中であれば胎児にも感染するという恐ろしいルートも明らかになっております。
一人だけの治療は例え完治したとしても、再感染の可能性は大きくなりますので、必ずパートナーと一緒に治療することが重要となります。

一般的に症状がなくなったという話もあるので淋病は自然治癒するものであるとか、何かしら治療を1度受けたからといって即完治するものと思われることがあるかもしれませんが、淋病は治療の必要な疾患です。
また治療後は再検査によって菌の存在を確認し完治を確定されるものですので、必ず再診するようにしましょう。
新宿の当院泌尿器科では患者様に沿った診療を基本としていますので、淋菌やその他のご相談の際には、ぜひ当院へお越しください。