新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・泌尿器科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

男性のクラミジア

  • 男性のクラミジア

性感染症のなかでもクラミジアは非常に注意が必要な疾患です。クラミジア感染症は男性の場合では自覚症状が強く、比較的初期の段階で症状に気がつくことが大半です。しかし、女性の場合には自覚症状に乏しいことが多いので、男性が無防備な性交渉を通じて感染してしまうことがあります。クラミジアを相手の女性に感染させてしまうと不妊症などのトラブルの原因になるので、しっかりと治療をしましょう。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

クラミジア

クラミジア感染症の症状は尿道炎と精巣上体炎です。男性では排尿時に違和感を感じたり痛みを感じることが多く、性器の周囲にかゆみを伴うこともあります。他の疾患に比べて自覚症状に乏しいことが多いので、最近では16〜25歳の男女の5〜6%の方が感染していると言われています。クラミジア感染症で注意したいのはセックスパートナーにも同じように治療が必要になるということです。女性が感染している場合には特に注意が必要で、女性の自覚症状が乏しいことに注意しなくてはなりません。放置してしまうと不妊症の原因となるので早期の治療を心がけましょう。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

クラミジアを治療する市販薬はまだ販売されていません。クラミジアを治すにはクラミジア菌を殺すマクロライド系という種類の抗菌薬やニューキノロン系の抗菌薬を使う必要があります。薬の選び方もとても重要なポイントで、しっかりと症状や検査をしてから適切な治療薬を選ぶには医師の正しい診断が不可欠です。自分のためにも、また、自分のパートナーのためにもクラミジアでお困りの場合には是非一度病院で治療を受けましょう。

クラミジアの治療方法

患者様の中には、性病検査キットなど使用し自宅で検査した後に受診される方もいますが、そういったことも経緯のひとつとして診察時にお話しください。
新宿の当院泌尿器科ではクラミジア感染症に対しては、抗生剤の内服薬を用いた治療を行います。
抗生物質によって投与の方法が違ってきますが、いずれにしても内服薬がほとんどですが、淋菌などと病気が重なっている場合、もしくは重症化しているケースには点滴を行うこともあります。
クラミジアは繁殖力が強いため、薬を内服した後でも存在する場合があります。
まずは決められた方法を守って内服することを守っていただき、内服終了後に時間を空けて再検査を行います。
時間も経過し、症状も落ち着いてくると再検査を受けない方もいますが、残存している菌によって再発の可能性は十分にありますので、最終的な確認まではしっかり通院することをおすすめします。
またパートナーの方にも感染している可能性がありますので、パートナーの方も検査を受けることをおすすめいたします。

クラミジアの治療薬

クラミジアに抗菌力のある薬剤は、マクロライド系抗生剤、ニューキノロン系抗生剤、テトラサイクリン系抗生剤です。
以前まではクラビット(ニューキノロン系)やミノマイシン(テトラサイクリン系)が主流として使用されていましたが、クラミジアだけではなく、多くの疾患に幅広く使用されていたこともあり、細菌自体が抵抗性を持つようになってきました。
また同時に薬剤の開発も進み、現在ではこれらを単一で使用する頻度がかなり低くなっています。
最近ではマクロライド系のジスロマックが多く使われるようになってきました。
他のビブラマイシンやグレースビットなどの抗生物質は、一定期間内服し続けなければならない条件に対して、ジスロマックは1回の服用だけで効果が約90%といわれています。
クラミジア菌が増殖する際に行われる蛋白合成を阻害する能力をもっている薬剤です。
ジスロマックは腸管から吸収された後、時間をかけて体内を巡回し白血球に入り込み、クラミジアに感染された細胞付近で放散するという特徴を持っています。
クラミジアは決められた用法でしっかりと内服治療を続ければ、治療可能な病気です。
異変を感じた方や、クラミジアのご心配のある方は躊躇せずに、新宿の当院泌尿器科へご相談ください。